【諦めないで】薄毛の「遺伝」は「体質」ではなく「○○」経験談より

【諦めないで】薄毛の「遺伝」は「体質」ではなく「○○」経験談より

薄毛の原因の一つとして「遺伝」が挙げられますが、それは「体質」や「頭皮・毛根の強さ」ではないと僕は考えます。

母方の祖父の影響

薄毛の遺伝は、「母方の祖父」が影響するという話を聞いたことがある人もいるでしょう。

母方の祖父(お母さんの父親)が薄毛の場合、その孫も薄毛になると言う話ですね。

その話の通り、僕の母型の祖母も早い段階で薄毛というか無毛でした。

その息子(叔父)も若いうちから薄毛だったので、僕も遺伝だなと半分あきらめていたんですよね。

しかし↓↓↓

【AGA薄毛治療】ハゲが治るまでの経緯と現在の薄毛予防方法まとめ

薄毛は「治療」で治るんですね。

すでに死んでしまった毛根は手遅れかもしれませんが、毛根が生きてる限り毛はまた生えます。

「遺伝だから仕方がない」と諦める前に、「治療」を試みることを強くオススメします。

薄毛の人が薄毛が進行していく原因

人間の髪の毛は、日々生え伸び続けます。

なのに、薄毛が一向に治らないどころか「進行してしまう」のは何故か。

それは、常に「毛が抜けやすい状態になっているから=毛根が弱っている」だと考えます。

つまり、新しい毛が生まれてきたとしても「生えきる前に抜けてしまう」からだと。

なので、まず「毛を抜けにくくする」必要があります。

そして、「毛が抜けやすい状況」とは「正常ではない」ということを理解します。

つまり「薄毛=病気(脱毛症)」と理解する必要があります。

「病気」ですから、やることは「治療(医療)」です。

トニックなどの「化粧品」で病気が治ることは考えにくいです。

毛を抜けにくくする方法

毛を抜けにくくする有名な治療薬が「プロペシア」です↓↓↓

 

参考:プロペシア(アメリカ版)1mg

プロペシアは、日本のAGA(男性型脱毛症)の治療で処方されるもっともメジャーな薄毛治療薬です。

プロペシアの効果は、「毛を抜けにくくする」もので「毛を生やすもの」ではありません。

最近の日本では、「ザガーロ」という薄毛治療薬も処方されます。

プロペシアの成分は「フィナステリド」で、薄毛の原因となる「5α還元酵素Ⅰ型」の働きを阻害します。

ザガーロの成分は「デュタステリド」で「5α還元酵素Ⅰ型」と「5α還元酵素Ⅱ型」の働きも阻害します。

プロペシアで効果が見られない人にはザガーロになるので、当初からザガーロを処方するクリニックさんが増えてるわけですね。

料金もザガーロの方が少し高くなります。

ザガーロのジェネリックが「デュタス」です↓↓↓

【AGA治療】プロペシア系医薬品『ザガーロ』を通販で安く(ジェネリック)00
【AGA治療】プロペシア系医薬品『ザガーロ』を通販で安く(ジェネリック)

医薬品は不安だという人は、「ノコギリヤシ」のサプリメントを試してみてはいかがでしょうか↓↓↓

【リピート購入】AGA治療・育毛効果ノコギリヤシサプリメントなら
【リピート購入】AGA治療・育毛効果ノコギリヤシサプリメントなら

ノコギリヤシサプリメントは、治療開始当初から今でも飲み続けております。

サプリメントは日本製ではなく海外製を選びましょう。

薄毛の遺伝は「体質」ではなく「性格/メンタル」

以前の記事にも書きましたが、僕の場合そもそも薄毛の原因が「ストレス」でした。

当時の仕事環境が劣悪で、かなりストレスを抱えていました。

日に日に薄毛が進行し、時にはパンツが血まみれになるほどでした。

ですが、その頃は「そこまで大ごとだとは思っていなかった」んですよね

しかし、転職を機に薄毛も改善に向かいました。

やはり、ストレスを抱えていると睡眠の質も悪くなります。

飲酒や暴飲暴食も増えすので、ストレスは頭皮環境には良くないですね。

今考えれば、そんな仕事は早く辞めておけばよかった話なのですが「性格的に辞めると思えなかった」というのがあります。

「ストレスを上手く発散できずに溜め込んでしまった」というのも薄毛に繋がったのでしょう。

そういう「性格」的なことや、「メンタル」的なことは遺伝よりも「育ってきた環境」が影響していると考えます。

「薄毛の孫が薄毛」なのは、そういう部分を受け継いで(影響を受けて)しまっているからと考えます。

まずやるべきこと

薄毛に悩む方が「まずやるべきこと」は、お医者さんへ相談・治療も大事ですが「環境を変えること」をオススメします。

薄毛の原因を考え(僕の場合は仕事)、その原因から1日でも早く離れるべきと考えます。

今すぐ性格を変えるのは難しいですが、環境を変えることで性格も変わっていくかもしれません。

ここでもやはり「薄毛は病気」と考え、治療を優先するべきなのです。

毛根が死んでしまうと再び毛が生えることは難しいです。

年を取った時、もしくは1年後5年後に1本でも多く毛を残したいのであれば1秒でも早く治療に取り掛かりましょう。

「1日1本の毛根が死んでいく」と考えると動き出しやすいかもしれませんね。

頭髪の悩みがなくなれば心にも「ゆとり」ができると思います。

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。