【AGA治療】ミノキシジルタブレット(内服)を1日11円に抑える方法

【AGA治療】ミノキシジルタブレット(内服)を1日11円に抑える方法

AGA(男性型脱毛症)治療にもお金がかかりますが、出費がストレスで抜け毛・薄毛が進行しないように今回は「ミノキシジル(内服)」の節約方法です。

実際に僕が行ってる方法で、これだと日本のクリニックで処方される金額(1日当たり約150~200円)を1日当たり約11円になるので参考にしてみてください。

ミノキシジルとは?

まず「ミノキシジル」は、血管を拡げることで局所の血流の増加を促し、多毛が生じる薬です。

髪の毛をはじめとした体毛が濃くなる「副作用」をAGA治療に利用しています。

プロペシアとの違い

ミノキシジルは「体毛を濃くする」のに対し、プロペシアは「毛を抜けにくくする」内服薬です。

それぞれ効果・目的が違いますので、併用することで効果的になります。

元々体毛が濃い人はミノキシジル不要?

男性ホルモンの影響が強い人は体毛が濃いです。

男性ホルモンの影響が強い人は「薄毛(頭髪)になりやすい」傾向がありますので、「体毛が濃いからミノキシジルは不要」ということにはなりません。

これ以上体毛を濃くしたくないという場合は、直接頭皮に塗るタイプの育毛剤で様子をみると良いでしょう。

僕の考えとしては、育毛は外用薬よりも内服薬の方が効果が高いと思います。

なので、ミノキシジル(内服)と「医療レーザー脱毛」の組み合わせが理想的だと考えます。

ミノキシジル(内服)の価格

ミノキシジル(内服)を日本のクリニックで処方してもらった場合、1日あたり平均で150~200円が相場です。

個人輸入(海外通販)で購入すると1/10くらいまで価格を抑えることができます。

「海外の薬は不安だ」という人もいますが、日本のクリニックで処方されるミノキシジルは海外製です。

個人輸入(海外通販)なら1/10の価格で購入できます。

ただし、自己責任になりますのでご注意ください。

ミノキシジルの価格を抑える方法

医薬品は「ジェネリック」を購入することで価格をかなり抑えることができます。

「ジェネリック」とは、内容成分が同じで後発のものになります。

僕がお世話になってるオオサカ堂さんで定番の「ノキシジル」↓↓↓

参考:ミノキシジルタブレット(Noxidil)シートタイプ5mg

こちら「ロニテン」のジェネリック薬です。

5mgタイプで、3箱購入すると1日当たり19円になります。

そして、それをさらに安くする方法が・・・

錠剤を割って服用する

購入できるミノキシジルには「濃さ」があり、2.5mg/5mg/10mgの中から自分の状態に合わせて選びます。

僕は5mgからスタートしたので5mgを飲み続けています。

5mgの場合、10mgのタブレットを2つに割って服用すれば単純に1日当たりが安くなります↓↓↓

参考:ミノキシジルタブレット(Noxidil)シートタイプ10mg

オオサカ堂さんの場合、3箱まとめ買いで1日当たり11円になります。

さらに安く手間を省くボトルタイプ

そして、「錠剤を割る」ことを考えた場合シートタイプよりも楽なのがボトルタイプ↓↓↓

【AGA治療】ミノキシジルタブレット(内服)を1日11円に抑える方法02

参考:ミノキシジルタブレット(Noxidil)ボトルタイプ10mg

同メーカーの10mgタイプ↓↓↓

【AGA治療】ミノキシジルタブレット(内服)を1日11円に抑える方法03

このボトルの中にミノキシジルタブレットが100錠入ってます↓↓↓

【AGA治療】ミノキシジルタブレット(内服)を1日11円に抑える方法04

上記は「シートタイプ」なので、1つずつ押し出すのが面倒です。

その点ボトルタイプは楽になります↓↓↓

【AGA治療】ミノキシジルタブレット(内服)を1日11円に抑える方法05

1本分一気に割ってしまいましょう↓↓↓

【AGA治療】ミノキシジルタブレット(内服)を1日11円に抑える方法06

ボトルタイプの方が、0.2円くらい安いですね。

割る作業が面倒な場合は、5mgのボトルタイプですね↓↓↓

参考:ミノキシジルタブレット(Noxidil)ボトルタイプ5mg

こちらですと、3本まとめ買いで1日当たり19.8円になります。

プロペシアの費用も節約したい

プロペシアの場合、プロペシアジェネリックを買うより「ザガーロ」ジェネリックをオススメします↓↓↓

【AGA治療】プロペシア系医薬品『ザガーロ』を通販で安く(ジェネリック)00
【AGA治療】プロペシア系医薬品『ザガーロ』を通販で安く(ジェネリック)

詳しくは上記記事をご参照ください。

最後に

僕を含め、薄毛に悩む人の中には薄毛の悩みと「一生」付き合う可能性もあります。

少しでも心への負担を減らすためにも、薄毛にかかる費用を抑えたいものです。

できれば、その浮いた費用をカラダに良い食べ物(野菜やフルーツ等)に回し栄養補給してください。

お出かけやお洒落をすることにお金を回すことで、ストレス発散が薄毛予防にもなるでしょう。

参考にしてみてください。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

公式サイト(gincli.jp)