【知識】「シリコン=悪い」じゃないシャンプー選びのオススメ

記事のタイトルとURL をコピーする

ノンシリコンシャンプーにだまされるな! 「髪」命のみなさんへ

「ノンシリコンシャンプー」という言葉がありますが、シャンプー選びにおいて「シリコン=悪」ではないということを知っておく必要があります。

育毛には、「シリコン入り」「ノンシリコン」どちらがいいでしょう?

ノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーとは、内容成分に「ジメチコン」「シクロメチコン」などのシリコン成分が配合されていないものを言います。

シリコンは、髪をコーティングし指通りを良くするために使われます。

シリコンはコーティング剤なので、髪や頭皮に良くないのではないかと言われ「ノンシリコン」が注目されるようになりました。

「ノンシリコン」ではないノンシリコンシャンプー

市販で買えるノンシリコンシャンプーには、「ノンシリコン」とうたいながらノンシリコンではないシャンプーもあります。

シャンプーに含まれる成分には、シリコン成分と分類されないものの「シリコンと同じ効果のある成分」があります。

その場合は「ノンシリコン」と記載しても嘘ではないですが親切ではないですよね。

かと言って、シリコン効果が「悪」かといえばそうでもないようです。

シャンプーにおけるシリコンの役目

シリコン成分には、シャンプーに含まれる刺激の強い添加物から髪を守る役目もあります。

シャンプーで起きる「きしみ」や、ドライヤーやヘアアイロンの熱からも髪を守ってくれます。

ダメージヘアにも効果がありますので「ノンシリコンだから良い」とは言えません。

薄毛にはノンシリコンが良い?

シリコン成分は髪を守ってくれるので、ヘアカラーを頻繁に使う人や「切れ毛」が気になる人はノンシリコンではない方が良さそうです。

しかし、トリートメントやコンディショナーはノンシリコンでないと「ボリュームが出しづらい」かもしれません。

いわゆる「しっとりまとまる」系のトリートメントですと、ドライヤーなどで頑張ってもふんわりとセットするのが難しいと思います。

髪のセットも、慣れと工夫で改善されますので「気にしなくて良い」と僕は考えます。

個人的な意見として

個人的には、シャンプーは「シリコン入り」でも「ノンシリコン」でもどちらでも良いと思います。

大事なのは「育毛成分」なので、シリコンがどうのというのは気にしていません。

シリコン入りのトリートメントを使っていても毛は育ちます。

また、ノンシリコンだから髪が育つというわけでもないので「気にしない」が正解かと。

色々試してみて、髪が元気か(切れ毛はないか)、セットしやすいか(ボリュームが出しやすい)、頭皮は健康か(乾燥・脂・フケなど)で「自分に合ったものを探す」のが良いと思います。

当ブログでも、育毛に良いシャンプーを紹介しているので参考にしてみてください↓↓↓

参考:育毛シャンプー一覧

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

公式サイト(gincli.jp)

\ URLをコピーしてシェア /

記事のタイトルとURL をコピーする